房子の治療歴










自分自身の備忘録として妻の治療暦を記す。

                                                     
 
戻  る


2002年

春    町会の集団検診での血液検査で異常を発見。
      市内の大きな病院で診て貰う。CTで卵巣が少し腫れているとの所見。
11月    入院
       開腹手術で卵巣ではなく虫垂の破裂発見,除去
12月  退 院


2003年

 

01月    CT検査
02月  入院
        リザーバーの埋め込みと,抗癌剤の直接散布。入院治療
05月   退 院


2004年

01月  入院
      抗癌剤治療。 
04月  退 院
05月    大学病院の腫瘍内科へ
06月    大学病院へ

07月   フランスの聖地ルルドへ奇跡を求めて出発
08月   フランスより帰宅

09月   手術(リザーバーを抜く)
10月    東京へ
10月   東京より帰宅
11月    (このころより、腹部膨満のため歩行はようやく)


2005年

03月  入 院
        大網中心に腫瘍除去手術。抗癌剤治療。
04月  退  院
06月      免疫を高める治療(札幌)
06月    全身温熱療法のため東京へ
08月      東京より帰る

08月  玉川温泉へ
   (3月の手術でお腹は少し軽くなるが、再度の腹部膨満で歩行はようやく)
     玉川温泉より帰る

08月     免疫を高める治療(札幌)
08月  入 院
08月       腎漏の手術
09月      手術予定が高熱のため延期
09月       手術予定が緑膿菌感染のため延期
09月       静脈中にフィルターを入れる手術後、腫瘍を取る手術(粘液2lのみ) 
11月 退  院

11月    緊 急 入 院(腸閉塞)  薬投与   従姉妹(M)帰天
12月  退  院 
12月 鍼灸師に診てもらう(東京) 
    (空港間の移動では全て車椅子使用、都内の移動は全てタクシー)


2006年

01月 鍼灸治療を続ける
02月    東京より帰宅
02月  病院で診察
02月  鍼灸治療のため東京へ
03月  東京より帰宅                
     (通院には、こんな事もあろうかと購入しておいた福祉車両が活躍)
03月  病院で診察    (駐車場から病院内は全て車椅子使用)
03月  病院で診察
03月  病院で診察
03月  病院で診察(消化器科・心臓外科)
03月  病院で診察(泌尿器科)
03月  病院で診察
04月  病院で診察(外科)
04月    入 院
04月    腫瘍除去手術(腫瘍と粘液少し取れた)
04月  退 院

05月  入 院
05月  退 院

08月  入 院(体調悪く予定を早めた)
08月   腹膜も除去する大規模な手術(外部からの医師により)輸血5000cc 
        ICUの部屋で看護受ける
08   自分の個室に戻る   
     (ジュースは許可される。胃漏をしているので固形物でなければOK)
08月    (一時は食事を摂ってみたが無理と分かり、腸の穴が塞がるのを待つ事に。生命 
      維持は点滴で)

09   (大変にやつれ、声はかさかさで、話すのもようやくである。胸が締め付けられて苦し
        いとの事。)

09   (このころより毎日2度高熱が出る。熱が高いと苦しく、下がると空腹感に責められる
         との事。)

     (沢山のバッグ類がついたポールを押しながら何とか自力でトイレへ行く)
09  (キャラメルの許可が出てよろこぶ。苦痛が少ない時は読書に勤しみ毎日文庫本1
      冊読破、英字新聞も)

10月     (腸の穴以外に腫瘍が腸の他の部分を圧迫している事が分かり、退院は絶望的と
      なる)

12月    (次第に増えてゆく痛みを抑えるためモルヒネの点滴を始める。ほとんど本を読ま 
      なくなる)

12月  (看護師詰め所に近い個室に移る)
12月  (自力でトイレに行く事も困難となり尿カテーテルをつける。ベッドから一歩も出られ
        ない。モルヒネ増量する)

         (うんうん言いながら、半眼に閉じている事が多くなった。大きな声を掛けた時のみ
      焦点を合わせる)

12月  (輸血をする) 
12月  (再度病者の秘蹟を受ける。肉親達へまだ意識がある内にお別れに来るように連 
        絡)

12月31日 (息子の妻、娘の夫が来たのでかなり気張ったようである。居た1時間強の間意
       識はしっかりしていた。 最後のお別れと自覚 していたのだろう。)  



2007年

01月04日  午後3時04分 妻帰天
01月05日  納棺
01月06日  教会で告別式
01月07日  火葬する


これ以外に3ヶ月以上試した健康食品、治療
                 
キチン・キトサン フコイダン プロポリス 正源 AHCC 丸山ワクチン カバのアナタケ 爪
もみ療法

整体 十字式健康法




                  HOME       筆者の最近